ブログ

お知らせ

2023年11月15日ブログ

本日、11月15日水曜日 12時から15時まで

第65回 厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会が開催されます。

オンラインにて参加いたしますので、お知らせいたします。

少々、いつもより長いです。

お知らせ

2023年11月12日お知らせ,ブログ

ずいぶんと時間が空いてしまいました。

言い訳をさせていただくと、ここ最近、とても忙しくて、体調を崩さないように気をつけることで精一杯でした。何とか時間を見つけて更新していきたいと思います。

 

まずは、11月18日に東京の品川にて、日本臓器移植ネットワークの主催のドナー家族のための集いが開催されます。そのため、今月開催予定の名古屋開催の、お気軽なお茶会の開催は中止させていただくことにいたしますので、ご了承くださいませ。

私は当日、品川に参ります。コロナ禍を経て、三年ぶりの開催です。

18日にご参加の皆様、お会いできるのを楽しみにしています。どうぞお気軽にお声かけください。

 

急性期終末期の家族ケアの重要性

2023年08月29日その他,ブログ

今日も思うことをつづっていこうと思います。

移植医療において、脳死下臓器提供を増やそうという潮流が主流であるのは、ご存じのことと思います。その潮流の中で、私は急性期終末期の家族ケアの重要性を訴えています。私の訴えには臓器提供の数を増やすという視点はありません。そのため、論点がずれているように思われる方もいるのではないかと感じました。委員会における議論の場は、話題がとても早く流れているので、長々と説明している余裕も時間もなく、自分の意見を端的に述べているので、理解されないのかと思い、今日はそのことについて少しつづってみます。

 

世論調査で約4割の人が、自分が脳死となったときに臓器提供をしてもいいと答えているという結果が出ています。

「臓器提供の意思がある」それはその人の権利であり、それは守られるべきなんだという論があります。

私自身、そのように考えていたこともあります。しかし、いろんなことを学び考え、そして、ドナー家族の声を聞き、この考えに私は違和感を覚えるようになりました。

この論は、現実の臓器提供の現場における、実際のあり様とずれているように感じます。

脳死下臓器提供は、本人の書面による意思表示があっても、家族の同意がなければ提供されません。また2009年の法改正によって、本人の意思が不明であっても、家族の同意があれば、提供が可能となりました。つまりは、本人の意思があっても、なくても、家族の意思によって、臓器提供がなされるか否か、決まるということです。

少し想像してみてください。

もし、あなたが交通事故などによって、脳死と思われる状態となったとき、もう意識の回復の見込みはないと、遠からず、心臓が止まってしまうと言われたとき、あなたはあなたの臓器を提供しますか?

もう一つ、想像してみてください。

あなたのかけがえのない人が交通事故などによって、脳死と思われる状態となったとき、もう意識の回復の見込みはないと、遠からず、心臓が止まってしまうと言われたとき、あなたはあなたのかけがえのない人の臓器を提供しますか?

このように表現するほうが、臓器提供にかかわる家族の心情をリアルに伝えられるように思います。

 

脳死に至る疾患は多岐にわたり、そのどれもが、突発的な疾患であることがほとんどです。

ある日突然に、今朝まで元気な姿で笑っていた、何も変わらない姿で出かけていった、かけがえのない人。

その変わり果てた姿を前に呆然と立ち尽くす。

受け止めきれない現実を前にして、医師の言葉を理解することなどできるはずもなく、言われるままに、書類の記入、物品準備。

かけがえのない人の握りかえすことのない温かな手に触れ、ゆっくりと上下する胸、静かに閉じられた眼、赤みのさした頬を見つめ、ただ、傍らで奇跡を祈る。

その温かな手を離すことが出来るのでしょうか?

 

臓器提供の決断というリアルは、このようにして現れるのです。

世論調査の「あなたは臓器提供してもいいと思いますか?」という質問が、ひどく見当違いだと私は感じるのです。

 

もう、命が助からない。

私たち家族の願いは、元気になって一緒に家に帰りたいという願いは、叶わない。

それならば、最期の時をどのように過ごすのか。

会わせたい人がいるのか、何かしてあげたいことがあるのか、少しでも長くそばにいたいのか、一緒に眠りたいのか…、目の前のかけがえのない人は最期の時をどのように過ごすことを望むのだろうかという想像に思いを巡らせる。

その中に臓器の提供という選択肢が現れるのだと私は考えています。

 

つまりは、「もう、命が助からない」という実感が、家族になければ、臓器提供という決断には決して至らないのです。

 

私自身、最期の時をどのように過ごすのかという時、

「きっと、彼なら臓器提供してほしい」そう望むだろうと思いました。

夫は臓器提供の意思を運転免許証に示していました。それだけでなく、夫と交わした言葉、過ごした時間の中に、最期の時をどのように過ごすのかという「答え」がありました。

「きっと、彼は誰かの役に立つことを望むだろう」そう思えました。

そして、その決断は、私にとって、「彼のためにまだできることがあった。臓器提供は彼の最後の願いなんだ」そう思わせるものでした。

 

私は医療スタッフに支えられたからこそ、この決断に至ることができたと思っています。

茫然と立ち尽くすしかなかった現実を受け止められたのは、医療スタッフのケアがあったからこそであり、また、最期の時をどのように過ごすのかという選択をすることができたのも、医療スタッフへの信頼があったからこそです。

 

急性期の終末期の医療は、家族の支援のという側面においてとても重要であり、かつ困難です。

本人の意思がわからない中、さまざまな重要な決断をする必要がありますし、かつその時間的余裕はありません。

家族の困難だけでなく、ケアを行う側の困難も、医療にかかわる者として、想像できます。

しかし、急性期終末期の家族ケアなくして、選択肢提示などできるはずもなく。

つまりは、急性期終末期の家族ケアなしに、脳死下臓器提供数の増加はけっしてありえないと私は考えます。

 

急性期終末期医療の充実が重要であると私は考えています。その充足とは、今ある設備、人員などが医療機関によって異なることから、求められるものはおそらく同じではなく、異なるのでしょう。しかしながら、人材の確保、育成という面においてはどこも同じであり、その充足には時間がかかることは明白です。

しかしながら、医療従事者の待遇は今現在においても、改善の余地があり、終末期医療の実施は医療従事者にとって簡単に実施できるものではありません。専門的な知識、そして経験も必要でしょう。何より医療従事者自身に過度な負担を強いるような体制であってはならないでしょう。労働環境の改善も含めた体制整備が求められていると考えています。

 

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

profile

くすのきの会 代表米山 順子

くすのきの会 代表
米山 順子

twitter

1999年医療系短大卒業、看護師として総合病院や社会福祉協議会などに勤務しながら、私生活では結婚、二児の母となる。 数年前に夫がドナーとなり、ドナー家族となる。通信制大学に編入し、学びを深め、社会の変化による悲嘆の癒しにくい現状、日本の移植医療、ドナー家族の現状を知り、臓器移植ドナー家族の会の設立に至る。

このページの先頭へ戻る